工員日記

あと5分で終業時間・・・のはずなのに、はぁ~、今日もまた残業になりそうだ。よし、早く片付けて日報書いて帰るぞ~。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:-- 】

その4

豫園を後にして、次の目的地BANDOまであるいて移動することに・・・

ここは、上海を東西に分断する川のほとりにある堤防広場みたいなところでめちゃめちゃたくさんに人がいます。で、ここからは西側の上海(浦西:プーシー)と東側の上海(浦東:プートン)の2つをいっしょに見ることができます。
浦西は中国の植民地時代の外国の建物がいっぱいあって言うならばオールドシャンハイ、浦東は近代的な超高層ビルがたくさん立ち並ぶ地区。この全く違った風景を一度に楽しめるホットスポット?なのです。

「この先にガーデンブリッジがありますよ。行ってみます?」
「ガーデンブリッジ?何それ?」
「ガーデンブリッジって言うのは、植民地時代に外国人は渡ってもいいけど、中国人は渡ることができなかった橋ですよ。中国人だけじゃなくて、正確には中国人と犬が渡れませんでした。」
「えっ、そんな橋があったの?」
「で、中国語で書くと外白渡橋、”外”は外国人、”白”はOKという意味で、外国人は渡ることができる橋。」
「なんか、ガーデンブリッジとは意味合いが少し違うような・・・」
「外国人がつけた名前と、中国人がつけた名前みたいなもんでしょうか。」

何でもそうだと思うけど、1つの物事にはいい面もあれば悪い面もある。2面性をもっているのが常。この橋1つにしても、中国人から見た橋の名前と、外国人から見た橋の名前というように・・・
もしかして、今あなたが直面しているピンチは、ピンチじゃなくてチャンスなのかも、逆に今あなたが直面しているチャンスは、ピンチなのかも・・・

今なら飛行機で2時間半で行ってしまう中国、上海。それなのに知らないことがいっぱいあります。またまた勉強です。

浦東を望んで1枚
20070921071928.jpg

スポンサーサイト

【2007/09/21 07:44 】 | コメント(0) | トラックバック(0) |

中国~その3

で、時間も3時半となったところで、ホテルを出発!

まずは「豫園(よえん)」

ここは、400年ぐらい前に藩さんという人が両親のために建てたお屋敷。でも完成するまでに時間がかかちゃって、その間に両親はなくなってしまったんだって。残念!今はそのお屋敷や公園の一部が残っているだけなんですけど、それでもでかい。そこでのお話・・・

「朱さん、そういえば日本語の観光ガイドの資格をとったんでしょ。」
「はい、取りましたよ。これがその資格証。これがあると、中国の全ての入場料がなんとタダになるんです。」
「すべてっていっても、この豫園とかみたいな観光地だけでしょ。」
「いいえ、違いますよ。全部なんです。」
「じゃあ、動物園とか、博物館とかも?」
「はい、そうですよ。全部です。」
「でも、動物園に観光に行くか~?」
「たまには行くこともあるでしょう。たまには・・・」
「まじっすか!じゃあ、日本でいうディズニーランドとか、ユニバーサルスタジオとかも。」
「ま~そういうことになりますね。」
「富士サファリパークとか、長島スパーランドとかも。」
「はい。」
「金閣寺や清水寺とか二条城とかも。」



「は、はい。だってこの資格をとるためにお金が相当かかったんだから。それに勉強もしたし、それぐらいいいでしょう。」



「はい、いいと思います。」

それにしてもすごいぞ、お隣中国!太っ腹!


VFSA0069.jpg




【2007/09/20 07:43 】 | コメント(0) | トラックバック(0) |

中国~2

中国到着は日曜日、しかも午前中。なんで、工場はやっぱりやってません。そこで、初めて上海市内を案内してもらうことにしました。

「しんやさん、これからどうしましょうか?」
「う~ん、上海ってなんかあります?」
「あのですね、ちょっとこれから会社に行ってきますんで、ホテルで待っててもらえますか?」
「あ~、いいですよ。じゃあ3時ぐらいになるよね。」
「はい、でその後、案内しますよ。」
「うん、じゃあどこにいこっかな~。」
「会社に他のスタッフも着てると思うんで、みんなでカラオケなんてどうですか?」



「カ、カラオケっすか?」



「日本の歌もたくさんあるし、日本語が話せるスタッフもいっぱいいますから、どうですか?」



「カ、カラオケは止めときましょうよ。せっかくなんで。」
「みんなで騒ぐ系はダメですか?」
「ダメというわけじゃなくて、せっかくなんで・・・」
「あっ、そうですか。じゃあ分かりました。」
「うん、せっかくなんで・・・」

上海に住んでる人と上海にめったにこない人の日常の会話



【2007/09/19 07:26 】 | コメント(0) | トラックバック(0) |

中国~

中国~、ちゅうごく~、チュウゴク?

今週は仕事の関係でお隣の国、中国に行ってきました。
飛行機の便の関係もあって、日曜日の朝9時にセントレアからいざ出発!

ゴ~・・・

到着!なんと時間はまだ10時半!はやっ、日曜日なのに、ふんとにも~。
でも大丈夫、日本語と中国語を自由に操る心強い味方、朱さんにこともあろうに空港まで迎えにきてもらいました。

「ごめんね、日曜日なのに朝早くからありがとね。」
「あっ、いいですよ。」(心やさしい言葉、アリガトウゴザイマス)

で、早速、朱さんの車に乗り込み、出発。と、その前に・・・

「あっ、朱さん、車替えたの?かっこいいじゃん、これ。」
「そうです、この6月に替えました。」
「おっ、スズキじゃん。さすが日本通。」

しかもSX4のオレンジ、まさに福山くんじゃん。

「やっぱり、福山ファン?」
「違うよ。」

やっぱりね・・・

じゃあ、いざ出発!

ブ~ン

「これっていくらぐらいするの?」
「え~と、全部で○○○元(中国の通貨でちなみに読み方は”ゲン”)です。でもナンバープレートが高いんですよ。」
「ナンバープレート?」
「そう、ナンバープレート。上海(シャンハイ、あっ読めますよね)は車が多すぎるので、車があまり増えないように、ナンバープレートが高いんですよ。」
「高いっていくらなの?」
「先月は○○○元で、今月は○○○元で・・・」
「えっ、月によって値段が違うの?」
「はい、値段が違うんです。」
「なんで?」
「オークションだから・・・」

オークション!すごいぞ中国、車のナンバープレートなのにオークションとは・・・。金のあるヤツが生き残るのか。すごすぎるぞ、資本主義!

で、ちなみにお値段のほうは日本円で

80万也

高っか!

続く・・・

【2007/09/14 18:46 】 | コメント(0) | トラックバック(0) |
| 工員日記トップへ |

FC2Ad

 / ADRANGER / Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。